アンチエイジング|美容・形成外科・歯科|都内 池袋

オンライン予約はこちら


部分切開法

「瞼の厚い方」や「くっきりとした二重」を希望する方に向いている手術です。

2回以上埋没法の二重の手術を行なっても二重が戻ったり、「瞼の厚い方」や「くっきりとした二重」を希望する方に非常に向いている手術です。部分切開法では、希望の二重ライン上を8mm〜10mm程度切開し、二重の折れ曲がりの障害になっている筋肉や脂肪をできるだけ除去して、しっかりとした癒着を作りくっきりとした二重のラインを作ります。傷跡は二重のライン上8mm〜10mm程度なのでほとんど目立たず、術後の腫れも、埋没法に比べると腫れは少し大きくなりますが、気になるほどではありません

0

久保田潤一郎のこだわり

切開線の長さや正確な縫合など様々な点に配慮、術後の腫れや内出血を少なく早い回復を実現します。

  • 目の手術の基本的なこだわり以外に、部分切開法では、術後の腫れや内出血ができるだけ少なく、目立たないように、切開線の長さ、麻酔法、麻酔量、麻酔をする層、組織の切開量、正確な縫合など様々な点について気配りをしています。ですから、他院での手術に比べると断然術後の回復経過は速くなります。
治療の流れ
  • 術前にご希望を聞いて、それに添って二重のラインを決定します。
  • 眼球への点眼麻酔と、まぶたの局所麻酔をしますので、手術中に痛みを感じることはありません
  • 二重のライン上を数ミリ(片方2ミリほど)切開し、二重のラインより下の内部組織を一部取り除き、まぶたの厚みを減少させ、皮膚との癒着を作ります。
  • 細い医療用の縫合糸で、8mm〜10mm切開した箇所を二重のラインに合わせて正確に縫合します。
  • 術後4日〜7日で抜糸をします。
  • 治療は40分程度(片側20分程度)で終了します。
  • 傷跡は3か月〜6か月程度でほとんど目立たなくなります。
  • 経過は定期的に診察します。
料金

詳しくは料金ををご覧ください。