アンチエイジング|美容・形成外科・皮膚科|都内 池袋

オンライン予約はこちら


切開法

「最初からしっかりと二重にしたい方」に向いている手術、永久的な二重が実現できます。

何度も埋没法で二重にしても戻ったり、「はっきりとした二重を最初からつくりたい方」、「脂肪が多く腫れぼったいまぶたで最初からしっかりと二重にしたい方」に向いている手術です。切開法により基本的に永久的な二重が実現できます。久保田潤一郎クリニックでは、切開法であっても特別な工夫をして手術を行っていますので、これにより術後の腫れを極端に少なくすることが可能です。

0

久保田潤一郎のこだわり

切開線の長さや正確な縫合など様々な点に配慮、術後の腫れや内出血を少なく早い回復を実現します。

  • 目の手術の基本的なこだわり以外に、切開法では、術後の腫れや内出血ができるだけ少なく、目立たないように麻酔法、麻酔量、麻酔をする層、組織の切開量、正確な縫合など様々な点について気配りをしています。ですから、他院での手術に比べると断然術後の回復経過は速くなります。
施術例
施術例
治療の流れ
  • 術前にご希望を聞いて、それに添って二重のラインを決定します。
  • まぶたの局所麻酔(特別調合)をしますので、手術中に痛みを感じることはありません。
  • 二重のライン上を2cm〜3cm程度切開し、二重のラインより下の筋肉や脂肪をできるだけ取り除き、まぶたの厚みを減少させ、皮膚との癒着をしっかりとつくります。
  • 傷口を形成外科的主義を用いて、正確に縫合します。
  • 治療は30分程度で終了します。
  • 術後5日〜7日で抜糸をします。
  • 傷跡は二重のラインに合せています。また、3か月〜6か月程度でほとんど目立たなくなります。
  • 経過は定期的に診察します。
料金

詳しくは料金ををご覧ください。