アンチエイジング|美容・形成外科・皮膚科|都内 池袋

オンライン予約はこちら


エラ・小顔(ボツリヌストキシン注射)

ボツリヌストキシンを用いて小顔を実現します。

●ボトックスとは?

ボツリヌストキシンとはボツリヌス菌が産生するボツリヌストキシンを薄めたもので、筋肉に入る神経から出るアセチルコリンの働きを弱め、厚みのある大きな筋肉のボリュームを減らす効果があります。ボツリヌストキシンは2002年4月にFDA(日本厚生労働省にあたるアメリカの食品医薬品局)によって認可されています。

治療方法
  • 診察を正確に行い、ボリュームを減らしたい咬筋と呼ばれる筋肉の位置や厚みを正確に判断し、ボツリヌストキシン注射のデザインを行います。
  • 効果的に筋肉のボリュームを減らせる部位に、それぞれボトックスを少量ずつ注射します。
  • 注射の痛みはちくっとする程度ですから心配ありません。
  • 施術後の腫れや内出血が出ることはほとんどありません。
  • 治療後は定期的に経過を診察します。
治療後の経過
  • 治療効果は3日程度で出現し、まず筋肉のエラの部分の筋肉の動きが少なくなります。
  • 2週間目頃、ホホ骨の下あたりから筋肉のボリュームが減り始めます。
  • 1ヵ月程度でエラの部分の筋肉のボリュームも減り始め、これは3ヶ月程度で完成し、すっきりとしたフェイスラインになります。
  • 6ヵ月程度から徐々に筋肉のボリュームがつき始め、1年程度で元の60%〜80%程度の筋肉量が回復します。
  • その後、さらに筋肉量を減らしたい希望があれば追加注射を行います。
料金

詳しくは料金ををご覧ください。